• 自走式駐車場のメリットとデメリット

    自走式駐車場とは立体駐車場の中でも他のフロアに自分で車を走らせて移動するタイプの駐車場です。

    機械式の駐車場や立体駐車場以外の駐車場と比べたときのメリットとしてまず挙げられるのが、最上階のフロア以外は屋根が付いているので直射日光や雨風から自動車を守ることができます。
    機械式の駐車場と比べると1台あたりに割り当てられる駐車スペースが広くなりやすいので、余裕を持った駐車スペースを確保しやすいです。

    自走式駐車場の場合は機械式の駐車場と比べてメンテナンス費用が安く抑えることができます。そのため設備としての寿命も自走式駐車場の方が長いです。フロアは上だけではなく、地下にも作ることができます。

    自走式駐車場情報を楽しくお得に利用しましょう。

    地下にフロアを作ることで防犯対策がしやすくなるので、駐車場全体のセキュリティーの向上に繋がります。


    デメリットは立体駐車場で上のフロアを作ると重量制限の問題で侵入できない大型の車両が出てきてしまいます。



    さらに機械式の駐車場と比べたときにスペースは確保しやすいもののそこから出すのに時間がかかるデメリットがあります。



    自走式駐車場の場合は機械式の駐車場のように自動車を出すために機械を動かす手間がありません。


    しかし自走式駐車場では自分の自動車が停車している場所まで自分の足で行かなければいけないので、出入り口から遠い場所に駐車する場合は自分の自動車まで歩かなくてはいけなくなります。
    また最上階の駐車スペースを使う場合は直射日光や雨が自動車にあたる環境になります。