長期返済が続いていた人は必ず過払い金を取り戻そう

長期返済が続いていた人は、それだけ高い利息を支払ってきた可能性が高いです。

ちりも積もればなんとやらと言いますが、過払い金請求を行ったら数百万手元に戻ってきたといった方もおられます。

300万、400万も過払い金があるとわかれば、取り戻す価値はあるでしょう。

過払い金の計算方法をご存知でしょうか。

比較的簡単な手順で計算する事が出来ます。


手持ちの明細書を全て集めます。

明細書が一部足りない、殆ど無い人は消費者金融に連絡し、取引履歴の開示を請求してください。電話連絡も構いません。
取引履歴の開示は貸金業者の義務となっており、ほとんどの業者は履歴を開示し、郵送してくれます。
過払い金計算の資料が集まったら、引き直し計算です。
引き直し計算で利息額を求める場合、利息額イコール元金かける利率割る365日かける日数です。


この計算式を元に高い金利から正規の金利分を差し引いてみましょう。

ブログってとにかくお勧めなんです。

導き出された数字がプラスなら、その数字が過払い金です。
実際の引き直し計算は、もっと複雑ですので、厳密に計算する際はウェブにあるツールを活用すると良いでしょう。

もしくは専門家に相談し、計算してもらうとよいです。
回収できる金額が多いなら、1度は専門家に相談してください。


理由は、専門家の腕によって返還される金額に大きな差が生じるためです。

アイフルの過払いの情報といえばココです。

常に満額回収出来るとは限りません。80%、90%しか回収できない事も多々あります。

自力で回収する事もできますが、相手方に甘くみられる事がほとんどです。



結果、満額から60%、70%しか回収出来なかったとあれば損です。

ですので、専門家の力をある程度借りる形で手続きを検討しましょう。