• 自走式駐車場のメリットと注意点

    立体駐車場で自走式駐車場を利用するメリットとして、単純な作りになっていることが挙げられます。


    基本となる構造は一般的な平面駐車場に階層を移動するためのスロープを用意しただけなので、簡単に利用できます。
    機械式駐車場と比べたときの自走式駐車場のメリットは、機械を使わないことで巻き込まれる事故を防げます。
    他の人が捜査している場合、それが終わるまで待つ必要もありません。

    故障して車が出せなくなる心配もありません。

    ビジネス視点で自走式駐車場について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

    長期運用にも適しています。


    機械式ではメンテナンス費用が高くなってしまうため維持するための負担が大きくなってしまい、耐用年数も15年と短くなっているので、長くても20年程度で入れ替えなければなりません。

    自走式駐車場では機械を使わないのでメンテナンス費用はそれほどかからず、耐用年数も30年を超えます。



    特にマンションなどの集合住宅で利用する場合には維持費も建て替えも修繕費から支払うことになり、建て替えの際に車を使っていない家庭から反発が出る恐れがあるため、土地が確保できていれば長期運用できる自走式駐車場を利用すると良いでしょう。自走式駐車場の注意点としては、スロープを設置するための土地のスペースが必要になるため、狭すぎる土地では傾斜が大きくなりすぎて利用できません。


    駐車位置によっては目的とする建物から離れてしまうため、商業施設などに設置する場合は建物から近い場所に高齢者・障害者用のスペースを確保しておきましょう。